一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. 最新情報 >
  3. アクティビティ >
  4. U-22プログラミング・コンテスト >
  5. U-22プログラミング・コンテスト2018 スポンサー企業大募集!!

U-22プログラミング・コンテスト2018 スポンサー企業募集!!

2017.12.14

 U-22プログラミング・コンテスト2017は、過去最多となる334件の応募(参加者総数1,236名/昨年対比1.6倍)の中で、16作品が入賞しました。
 2016年に引き続きニコニコ生放送を配信、35,000を超える視聴数を獲得し、大変盛況な中終了しました。当日は経済産業大臣賞、商務情報政策局長賞、各スポンサー企業賞などのほか、ニコニコ視聴者投票による「Best Viewers賞」も選出しました。

 そして…39回目の開催となる2018年もコンテストを開催いたします!

 現代はインターネットとスマートフォンの普及によって、自分の知りたい情報がいつでも調査できるようになり、様々なものがオンライン化され、瞬時に好きなものが買えるようになりました。これは「プログラミング」が起こした革新です。

 「第4次産業革命」とも言われるこの現代では、すべての産業でプログラミングが必要とされ、あらゆるサービスがプログラミングによって進化しています。そのような世界では、新しいものを生み出し、活用する、これまでとは異なる人材が求められています。そのような背景をうけ、世界各地でプログラミングが義務教育化され、日本でもついに2020年からプログラミング教育が小学校でも必須化するといった波が来ています。

 当コンテストは、日本の未来を担う若者たちを応援し、光をあて、さらには将来的なIT人材不足を補うため、国内のIT人材を発掘・育成を目指しています。

 協賛各社にとっても、優秀な人材の確保、企業名の認知度向上、企業イメージや好感度の向上、社会貢献(次世代の人材育成)などさまざまなメリットがあります。
 また、協賛いただくランクに応じて、実行委員会・審査会・懇親会へ参加するなどの複数の特典もございます。

 当コンテストを通じて、日本の若者を一緒にサポートしていただく企業様を広く募集しています。

U-22プログラミング・コンテストとは

 本コンテストは、1980年より経済産業省の主催により、優れた才能を持ったイノベイティブなIT人材の発掘と育成、単にプログラムのできる人材ではなく、アイデアに富んだソフトウェア開発に取り組む人材の発掘を目的として開催されてきました。2014年からは本コンテストの主旨にご賛同、ご協賛いただいた企業から構成された「U-22プログラミング・コンテスト実行委員会」が主催となり、歴史あるプログラミング・コンテストの継承し、更なる発展を目指しています。

【2017開催のスポンサー企業一覧】
サイボウズ(株)、(株)Cygames、(株)オービックビジネスコンサルタント、さくらインターネット(株)、日本事務器(株)、ピー・シー・エー(株)、(株)フォーラムエイト、(株)豆蔵ホールディングス、エンバカデロ・テクノロジー(同)、トレンドマイクロ(株)、(株)インテリジェント ウェイブ、(株)コーエーテクモホールディングス、ネクストウェア(株)、フリービット(株)

<2017プロコン応援団(小口協賛企業一覧)>
IoT検定制度委員会、(株)インフォテック・サーブ、 (株)内田洋行、 (株)エイチアイ、エヌ・ティ・ティ・コムウェア(株)、(株)OSK、グーグル(同)、クオリティソフト (株)、 (株)CRAVA、(株)コスモ・コンピューティングシステム、 (株)ソフトテックス、 ソフトバンク(株)、(株)タイムインターメディア、TAC(株)、(株)トップゲート、Dream Tech School、日本ナレッジ(株)、日本マイクロソフト(株)、(株)ファーストシステム、(株)バーズ情報科学研究所、(株)ミクロスソフトウエア、弥生(株)

スポンサー価格とメリット

内容/ランク

プラチナ
300万円(税別)

ゴールド
200万円(税別)
シルバー
100万円(税別)
ブロンズ
50万円(税別)
1.実行委員会への参加 - -
2.審査委員会への参加 - -
3.企業賞の実施 - -
4.最終審査会CM枠提供 - -
5.表彰式・懇親会参加 3名まで 2名まで 2名まで 1名まで
6.最終審査会場でのパンフ・ノベルティ等の配布
7.制作物への社名掲載
(Web、DM、ポスター等)
ロゴ大/社名 ロゴ中/社名 ロゴ小/社名 社名
8.会社見学会の実施 - -
9.U-22メルマガ広告枠の提供 単独配信1回
(文字数制限なし)
+ 固定広告枠(1~2行)
200文字以内2回 200文字以内1回 100文字以内1回

※スポンサーメリットの内容は2017年12月時点の内容です。状況に応じて変更となる場合がございます。


開催スケジュール(予定)

4月初旬 応募要領等公開
7月 応募受付開始
8月 応募締切
9月 事前審査・一次審査会
10月 最終審査会・表彰式

※上記スケジュールは変更となることがあります。

開催概要

名称 U-22プログラミング・コンテスト2018
最終審査・表彰

2018年10月頃 表彰 
※最終審査会および情報化月間記念式典(予定)

対象 22歳まで(大学生含む)
各賞 経済産業大臣賞(※)、経済産業省商務情報政策局長賞(※)、CSAJ会長賞、 スポンサー企業賞 等
主催 U-22プログラミング・コンテスト実行委員会
※プラチナ・ゴールドスポンサーで構成
後援(※) 経済産業省、文部科学省、総務省、国土交通省、(独法)情報処理推進機構、(一社)情報処理学会 他
協力(※) (特非)ITジュニア育成交流協会、(一社)コンピュータエンターテインメント協会、(一社)情報サービス産業協会、全国ソフトウェア協同組合連合会、(一社)全国地域情報産業団体連合会、(一社)デジタルメディア協会、(一社)日本IT団体連盟、(一社)日本オンラインゲーム協会、(一社)日本教育情報化振興会、(一社)日本コンピュータシステム販売店協会、(特非)日本情報技術取引所、(一財)日本情報経済社会推進協会、(一社)日本情報システム・ユーザー協会、(一社)未踏、(特非)みんなのコード
運営事務局 (一社)コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)

※各賞および後援・協力は申請予定の官公庁団体名を記載しております。

2017年最終審査会当日の様子

審査会風景
ニコニコ生放送でCMも配信!
懇親会の様子
コンテスト翌日は情報化月間記念式典で表彰を

さらに入選者には会社見学会を実施

サイボウズ(株)会社見学の様子
(株)フォーラムエイト 会社見学の様子

開催告知後、全国学校出張ワークショップ

5月~7月にかけて、コンテスト告知もかねて、スポンサー企業と協力のうえ、全国の大学・専門学校等で出張ワークショップセミナーを実施しています。
スポンサー企業の皆様にとっては、企業の名前やサービスを学生にアピールするとともに、夏休み期間中のインターンのご案内などの告知も周知可能です。
(詳細は事務局までお問い合わせください)

出張ワークショップ in 東洋大学
出張ワークショップ in 東京工科大学

お問合せ・お申込方法

U-22プログラミング・コンテスト2018スポンサー(プラチナ~ブロンズ)のお申込は以下の申込書にご記入のうえ、原本を事務局宛にご郵送お願いします。

お申し込み書ダウンロード

U-22プログラミング・コンテスト2018スポンサーに関する詳細説明をご希望の方は以下のお問い合わせ よりご連絡をお願いします。

お問合せ

U-22プロコン応援団も募集中!

U-22プログラミング・コンテスト2018も、多くの企業の皆様にもっと気軽にご参加いただきやすくするため、通常の「スポンサー」枠とは別に、小口協賛枠として「応援団」をご用意しています。
IT人材の不足と第4次産業革命時代における人材の確保が必要とされる昨今、こういったコンテストは大きな意義を持っています。皆様にもぜひ当コンテストの趣旨にご賛同いただき、企業CSRの一環として学生の皆さんを応援しませんか?多くの企業の皆様からのご参加お待ちしています!

U-22プロコン応援団概要

【参加費】 50,000円(税抜)
【メリット】
  1. U-22プログラミング・コンテスト2018公式Webサイトに「プロコン応援団」として社名を掲載
  2. 最終審査会場(来場者数100名程度)で、各企業のカタログ・チラシ設置可能。
【期間】 2018年4月~2018年10月まで
【申込期限】

2018年9月28日(金)まで

【申込方法】

以下より申込書をダウンロードしてください。

プロコン応援団お申し込み書ダウンロード

※最終審査会は一般聴講も可能です。

お申込書送付先・連絡先

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
U-22プログラミング・コンテスト運営事務局 若生・中野
〒107-0052 東京都港区赤坂1-3-6 赤坂グレースビル
TEL:03-6435-5991 FAX:03-3560-8441(E-mail:U22-info@csaj.jp