一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. 最新情報 >
  3. 委員会・研究会 >
  4. データ消去証明推進研究会 >
  5. データ消去証明ガイドブック公開

『データ消去証明ガイドブック』公開

2017.06.14


 一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(略称「CSAJ」、東京都港区赤坂)データ消去証明推進研究会(主査:田上利博(サイバートラスト株式会社))は、クライアントPCに搭載されたHDD/SSDの廃棄ならびにリユースにおける適正なデータ消去を行い、電子証明書による署名の業界標準化を目指すための「データ消去証明ガイドブック」を公開しました。

本ガイドラインの対象

 本ガイドラインでは、今後増加していく2012年以降の発売されたMicrosoft Windows用PCに内蔵された状態のHDD/SSDについて適正なデータ消去に関する規定策定を実施し、今後、他のOSを搭載したPCおよび、単体ディスク、スマートフォン、データセンター、IoTデバイス機器についても議論を続けていきます。(本文、抜粋)

以下URLより報告書がダウンロード可能です

 

目次

はじめに

第1章 ガイドブック概要

第2章 データ消去について

第3章 データ消去対象の現状

第4章 データの特性ごとの消去の選択

第5章 データ消去の証明とは

第6章 証明書の技術と運営について

第7章 データ消去証明書の発行プロセス

第8章 まとめ

第9章 参考情報

実施団体・協力団体・協力者

データ消去証明書の発行プロセス

認証システムの構成要素
 PKIを構成するコンポーネントには図に示すように以下の3つの中核となる要素と、CAの発行する証明書と失効情報を使って認証、秘匿、デジタル署名のサービスを受けるPKI アプリケーション(PKI クライアントなど)がある。(本文、抜粋)

データ消去証明推進研究会

主 査:田上 利博(サイバートラスト株式会社)
メンバ:加藤 貴 (ワンビ株式会社)
    林 眞樹 (株式会社IDCフロンティア)
    後藤 浩志(AOSデータ株式会社)
    小林 潤 (さくらインターネット株式会社)
    関根 文彦(ファイルフォース株式会社)
    小田部祥子(ファイルフォース株式会社)
    小島 茂 (株式会社ユビキタス)
    橋本 真之(株式会社ユビキタス)
    秋保 盛征(リコージャパン株式会社)
    多賀谷俊之(リコージャパン株式会社)

※敬称略

他、オブザーバ、外部有識者

お問い合わせ先

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
事務局 鈴木 小林 お問い合わせフォーム
TEL:03-3560-8440
〒107-0052 東京都港区赤坂1-3-6 赤坂グレースビル4F