一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. 最新情報 >
  3. 委員会・研究会 >
  4. モバイルソリューション研究会 >
  5. 音声/対話型デバイスのUX戦略

音声/対話型デバイスのUX戦略

2017.11.01

モバイルソリューション研究会

 モバイルソリューション研究会では、スマートフォン、タブレット、ウェアラブル等のモバイルデバイスでのアプリ開発技術や最新動向について調査研究を行い、広く情報配信を行っております。今回は、株式会社エクサよりUXの専門家の安藤幸央氏を招聘しまして、音声インタラクションにおけるUXをテーマに最新動向について解説していただくためのセミナーを企画しました。
 是非とも、皆様に企画にご参加いただきたくご案内申し上げます。ご興味のある方をお誘い合わせの上、お申し込み下さい。

概要

日時 2017年12月12日(火)15:00~17:00(受付開始:14:30)
会場
対象 CSAJ会員企業、会員外企業
参加費 無料
定員 50名
申込締切 2017年12月11日(月)(但し、定員になり次第、締め切ります)

 

プログラム

15:05~16:35

『音声/会話インターフェースのUX(ユーザー体験)の勘所』

■概要:
各社から音声でさまざまな情報を手に入れたり、家電を操作したりできるスマートスピーカーが登場してきました。また、車載機器やスマートフォン、家電製品でも音声コントロールは重要な要素になってきています。技術的には音声インタフェースの開発環境は整ってきていますが「体験」としての設計やデザインはまだまだ発展の途中です。これから「音声」や「会話」とりいれた音声サービス、チャットボットなどのためにどのような工夫や考え方で取り組めば良いのかを網羅的にお伝えします。

単なる技術デモ、使ってみたけれどすぐに飽きてしまうといった段階から抜け出し、次世代サービスの基軸となる「音声インタフェース」を活用するためのノウハウを学び、サービス構築の勘所を学ぶものです。
また音声インタフェースのみならず、チャットボットなどの会話系のサービスにも役立てられるノウハウです。(※注:Amazon Alexa, Google Home, LINE Clova WAVE など特定のスマートスピーカーについて学ぶものではありません)

■アジェンダ(予定):

 ●音声、会話とはそもそも何であるのか?人は正確に質問できないという課題
 ●音声/会話サービスに置ける、話題の種別(開始、主要、雑談、スキップ、選択、終了、ヘルプ)
 ●音声/会話サービスにおける、対話キャラクター、対話像設定の考え方
 ●おもてなしホスピタリティ、信頼の作り方

 ●命令ではなく、会話としてやりとりする方法、原則
 ●Voice UI, Chatbot UI として守るべき UX チェックリスト
 ●対話の設計、会話デザインの仕方、台本の書き方
 ●会話サービスを考える時に役立つツール、マインドマップの活用法

 ●既存のWebサービス、スマホサービス、アプリを、音声利用するための機能の切り出し方
 ●音声/会話サービスの試作、テストの考え方
 ●毎日使うサービスにするため、ハマるサービスにするための工夫
 ●人に寄り添う「弱いAI」という考え方

質疑応答

※プログラムは、進行状況により変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。

講師

 

安藤幸央氏
株式会社エクサ コンサルティングビジネス推進部

UXデザイナー、スマートフォンから情報家電、大規模ドームシアターまで、さまざまな映像システム、ユーザインタフェースを手がける。

○主な書籍
・「モバイルフロンティア よりよいモバイルUXを生み出すためのデザインガイド」監訳
・「デザインスプリント ―プロダクトを成功に導く短期集中実践ガイド」監訳
・「UX戦略 ―ユーザー体験から考えるプロダクト作り」監訳
・「今日からはじめる情報設計 -センスメイキングするための7ステップ」翻訳

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
事務局 鈴木 お問い合わせフォーム
TEL:03-3560-8440

参加お申し込みフォーム