一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. 最新情報 >
  3. 委員会・研究会 >
  4. プログラミング教育委員会 >
  5. 情報教育に関するアンケート結果報告

情報教育に関するアンケート_結果報告

2017.12.19

 一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(以下CSAJ)プログラミング教育委員会(委員長:田中邦裕(さくらインターネット株式会社 代表取締役社長))では、2020年に始まる初等教育におけるプログラミング教育の必修化に向けて、業界団体として行えるサポート体制について検討し、2016年8月より活動を実施してまいりました。
 本調査は、現場教職員の皆様がICTを日常どの程度利用し、理解しているのか、そしてどのような課題を抱えているのかを確認し、そのうえで業界団体として、皆様をサポートできることは何かを検討すべく、日ごろ協会と関わりの深い、3つの市の教職員を対象に実施したものとなります。
 本調査にご協力いただいた行政および教育委員会ならびに教員の皆様には改めて御礼を申し上げます。
 CSAJは、本調査をもとに会員企業・他団体との連携を拡大し、教員の皆様により良いサポートを提供できるよう、検討を進めていく予定です。また、本調査結果が、全国の行政機関においても、なんらかの一助となれば幸いです。

アンケート実施概要

回答対象:小中学校の教職員
対象校数:3市(小学校50校、中学校27校)
回答期間:2017年8月29日~2017年10月6日
回答件数:326件

アンケート結果(一部抜粋)

Q.プログラミング教育が必修化されることに対する考え・想い(自由回答)※アンケート回答より一部抜粋

※上記は回答内容をそのまま記載しているため、文体が統一されておりません。

情報教育に関するアンケート(全回答結果)

 

本件に関する問い合わせ先

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会
事務局 担当:若生
TEL:03-3560-8440/E-mail:gyoumu1@csaj.jp