一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. 最新情報 >
  3. 委員会・研究会 >
  4. 技術委員会 >
  5. 『農業とICT』共催シリーズセミナー第3回「先進ユーザ事例と農水省の最新取組」

『農業とICT』共催シリーズセミナー第3回
先進ユーザ事例と農水省の最新取組

2017.07.12

農林水産省
一般社団法人コンピュータソフトウェア協会 共催

 一般社団法人コンピュータソフトウェア協会では、ソフトウェア業界に関する技術や最新動向について調査研究を行い、広く情報配信を行っております。共催セミナーシリーズ第3回は、農業ICT分野で先進的な取り組みを実践する農業事業者の株式会社夢ファーム様よりの講演と、農林水産省が取り組む農業のICT化に向けた様々な最新の取り組みを講演していただくこととなりました。
 是非とも、皆様に企画にご参加いただきたくご案内申し上げます。ご興味のある方をお誘い合わせの上、お申し込み下さい。

概要

日時 平成29年8月3日(木)  13:30~16:30(受付13:00~)
会場
定員 定員50名(定員に達し次第で締切ります。)
会員区分 CSAJ会員、一般
参加費 無料

 

プログラム

13:30~13:35

開会挨拶(5分)

13:35~14:05
(30分)

『ICTで農業経営の見える化に挑戦!

講師:奥山孝明氏<株式会社夢ファーム>

土地利用型(米麦)農業経営を500筆を超える狭小・変形圃場で2008年度から経営開始。農研機構の「作業計画・管理支援システム」を活用し、「平成26年度農業界と経済界の連携による先端モデル農業確立実証事業」に採択され、作業管理と経理管理の一元化に取り組み、農業経営の5次元化に挑戦中。

14:05~14:15

質疑応答(10分)

14:15~15:15
(30分)

『SIP「次世代農林水産業創造技術」における研究開発』
-高品質・省力化を同時に達成するシステムについて-

講師:寺島一男氏<農業・食品産業技術総合研究機構>

SIP「次世代農林水産業創造技術」のうち「生産システム」コンソーシアムでは、土地利用型農業を対象としたロボット技術やICTの活用について研究開発をすすめています。今回はその中から衛星情報を活用した農作業の自動化、水管理の自動化、品質の維持向上に向けた空間情報や気象情報の活用技術について解説します。

15:15~15:25

質疑応答(10分)

15:25~15:35

休憩(10分)

15:35~15:50
(15分)

『農業データ連携基盤の構築、利活用の拡大について』

講師:山田 広明氏 <農林水産省大臣官房政策課技術政策室>

現在、官民で構築が進められている農業データ連携基盤の概要と今後の利活用の拡大に向けた方針について説明します。

 15:50~16:00  質疑応答(10分)
16:00~16:15
(15分)

『農林水産・食品産業の新たな産学官連携のしくみ 』
~「知」の集積と活用の場~

講師:野田 幸太郎氏<農林水産省農林水産技術会議事務局研究推進課>

農林水産省では、農林水産・食品分野に異分野の知識や技術を導入し、革新的な技術シーズを生み出すとともに、それらの技術シーズを商品化・事業化へと導き、我が国農林水産物の競争力強化につなげる新たな産学官連携のしくみ ~「知」の集積と活用の場~ を平成28年度より推進しています。この「知」の集積と活用の場につきまして、しくみ、関係する施策、現状等についてご紹介します。

16:15~16:20 質疑応答(5分)

※プログラムは、進行状況により変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。

お問い合わせ

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ) 事務局
TEL:03-3560-8440 お問い合わせフォーム

参加お申し込みフォーム