一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. アクティビティ >
  3. 協会が実施する事業 >
  4. CEATEC JAPAN 2016

CEATEC JAPAN 2016

2016年10月4日(火)~7日(金)、幕張メッセにてCEATEC JAPAN 2016が開催されました。

CEATEC JAPAN 2016開催レポート

おかげさまをもちまして、CEATEC JAPAN 2016は大変盛況のうちに終了いたしました。

CSAJ荻原会長キーノートスピーチおよびCSAJ企画コンファレンス

「CEATEC JAPAN 2016」では、CSAJ荻原会長によるキーノートスピーチと、各種企画コンファレンスを実施します。ぜひご参加ください。

CEATEC JAPAN 2016 主催者特別企画「IoTタウン」

主催3団体(CSAJ/CIAJ/JEITA)は、「CEATEC JAPAN 2016」において、主催者特別企画「IoTタウン」を開設し、“未来の街”を展開いたします。

※9月26日、出展内容詳細に関するニュースリリースを公開しました。

主催3団体による「CPS/IoT Exhibition」のショーケース

CEATEC JAPANは、従来の「最先端IT ・エレクトロニクス総合展」から、CPS/IoTでつながりが深まる社会、新たにもたらされる未来を共に創り出す場をめざす「CPS/IoT Exhibition」へと本年より生まれ変わります。
「IoTタウン」は、新しいCEATEC JAPANのコンセプトを発信するべく、ICT、エレクトロニクス、ソフトウェアの主催3団体(CIAJ、(一社) 電子情報技術産業協会:JEITA、(一社)コンピュータソフトウェア協会:CSAJ)が一丸となって取り組む、変革の象徴となる特別企画です。

多業種プレイヤーによりIoTがつなぐ新ビジネスモデルを展開

IoTタウンでは、「つながる」をキーワードに、社会・街・暮らしの3つの利用シーンごとにCPS/IoTによって創り出される新しいモノやサービスを披露します。
本特別企画展示は、昨年の企画展示「NEXTストリート」を大幅に拡充して実施するもので、主にIT・エレクトロニクスを利活用するユーザ企業を出展対象としています。CEATEC JAPAN初出展の6社/団体を含む10社/団体が出展します。
CSAJからは豆蔵ホールディングスグループが参加、展示を行います。

CEATECは「最先端IT・エレクトロニクス総合展」から「CPS/IoT Exhibition」へ

●CPS/IoTで変わる未来の社会や技術を体験できるエリア構成に刷新

CEATEC JAPANの展示会場は、本年よりCPS/IoTの活用シーンごとに分けられ、「社会」、「街」、「家」、「CPS/IoTを支えるテクノロジー・ソフトウェア」の4つのエリアから構成されます。またこの4つのエリアに加え「IoTタウン」や「AIエリア」、「ベンチャー&ユニバーシティエリア」などを設置します。

●国内外トップが集うオープニングレセプションパーティを新たに開催

昨年まで初日に開催していたオープニングレセプションを大幅に刷新し、新たに前夜祭と位置付けたレセプションパーティを、開催前日10月3日(月)の夜にパレスホテルで開催します。この場を、IoT推進コンソーシアムを中心としたIoT関係者間の交流の場と位置づけ、政府・在日各国大使館・業界関係者等国内外エグゼクティブが集まります。

●政府、在日各国大使館、他産業界と連携した各種コンファレンスや企画を展開

IoT推進コンソーシアムや東京オリンピック・パラリンピック関連組織をはじめ、異分野の関連団体およびドイツ大使館やアメリカ大使館など海外との連携も強化し、各種コンファレンスや企画を展開します。現在、社会的に注目されている、Fintech、地域創生、セキュリティ、ベンチャーなどのコンファレンスも計画中です。

詳細はCEATEC公式Webサイトでご確認ください。