一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. アクティビティ >
  3. 協会が実施する事業 >
  4. 試験事業 >
  5. 会計ソフト実務能力試験 >
  6. 試験の概要

会計ソフト実務能力試験

試験概要

会計ソフト実務能力試験は、会計ソフトに関する正しい知識と実務能力を一般社団法人コンピュータソフトウェア協会が認定する試験制度で平成5年より開始しました。

本試験は、パーソナルコンピュータを利用して会計ソフト利用者の社会的地位の確立と、会計ソフトの健全な普及と発展を目指し、実施しておりました。

平成21年度からは名称を新たにし(旧名称:パソコン財務会計主任者試験)、より実践的な会計ソフトの「利用技術」と「仕事力」を問える試験とすべく、様々な取り組みを行い、平成28年3月末日で試験制度を終了しました。

本試験には、会計ソフトを利用した実技試験の「1級」と平成25年2月まで実施した筆記試験の「2級」がありました。