平成17年4月制定
平成18年10月改訂
(社)電子情報技術産業協会
パーソナルコンピュータ事業委員会
(社)日本コンピューターシステム販売店協会
小売事業専門委員会
(社)コンピュータソフトウェア協会


「中古パソコンの安心・安全な普及に関するガイドライン」の改訂について


 家庭から排出される使用済みパーソナルコンピュータ(以下「中古パソコン」)を回収・再資源化する「資源有効利用促進法」が、平成15年10月1日よりスタートしたことなどにより、中古パソコンの出荷台数は、平成16 年度、約100万台レベル((社)電子情報技術産業協会(JEITA)調査結果)に達し、中古パソコン市場では、セキュリティ、ライセンス、ユーザサポートなどの面で、問題点が顕在化しております。

 JEITA・(社)日本コンピューターシステム販売店協会(JCSSA)・(社)コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)の3団体は、中古パソコンユーザの視点に立って、中古パソコン市場の各プレーヤ(パソコンメーカ、ソフトメーカ、中古パソコン販売店、エンドユーザ)などに対する周知啓発の観点から取りまとめた「中古パソコンの安心・安全な普及に関するガイドライン」を平成17年4月に制定・公表しております。

 また、中古パソコンを巡る様々な環境等の変化を踏まえ、平成17年度・平成18年度にJEITAにて開催された本件関連委員会等(JCSSA・CSAJなどからも関係委員が参加)での検討結果などをもとに、本ガイドラインの改訂を行い、本年10月に本ガイドラインの改訂版を以下のURLに公表致しましたので、関係各位におかれましては、是非ご覧下さいますようお願い致します。

●「中古パソコンの安心・安全な普及に関するガイドライン」について
  http://it.jeita.or.jp/perinfo/committee/pc/0610usedpc_rev/index.html
●「中古パソコンの安心・安全な普及に関するガイドライン(改訂版)」(PDFファイル)
  http://it.jeita.or.jp/perinfo/committee/pc/0610usedpc_rev/0610usedpc_rev.pdf


 

 
Back Home

Copytight 2006 CSAJ All rights reserved.