エンタープライズアプリUX解説
〜アプリケーションの使いやすさを実現する改善手法を学ぶ〜

 モバイルソリューション研究会では、モバイルアプリケーション開発技術関連の最新動向のご紹介を活動としております。今回のテーマは、近年注目を集めるUX(ユーザーエクスペリエンス:顧客体験)。その中でもエンタープライズ分野、特に業務利用、社内利用のモバイルアプリにおける課題発見や改善手法について、潟Gクサの安藤幸央氏を講師に招聘致しましてセミナーを企画しました。

つきましては以下で、説明会を開催いたしますので、奮ってご参加いただき、情報収集にご活用くださいますよう、ご案内申し上げます。

セミナー詳細

日時

平成27年3月5日(木)15:30〜17:00(受付開始15:00)

会場 一般社団法人コンピュータソフトウェア協会 会議室(TEL:03-3560-8440)
〒107-0052 東京都港区赤坂1-3-6 赤坂グレースビル3F
※会議室は3階となっておりますので、直接3階にご来場ください。
対象 モバイルアプリ開発に興味をお持ちの方
参加費 無料
定員 40名

プログラム

16:00〜17:00
(60min)

■講演1
「エンタープライズUX(業務向け、社内向けアプリの使いやすさとは?課題発見と改善手法)」

■講師:安藤幸央氏(株式会社エクサ コンサルティング推進本部 担当課長)

■概要
一般向けに広くリリースされるアプリは、使いやすさを考慮し、専門のデザイナーが美しいUIと、UX(顧客体験)を提供します。一方、エンタープライズ分野、業務アプリや、社内システム向けのアプリの場合、利用者が限られます。デザインや、場合によっては開発そのものに十分な予算を確保することが難しい場合もあります。 しかし、使いづらい社内アプリを無理に使い続けることによって、無駄な時間の消費やミスの発生、問い合わせやサポートといった不要コストの増大など、マイナス要因を積み重ねることになります。本セミナーでは、苦労が絶えないエンタープライズ向けのアプリ開発のために、的確な手順と改善方法をお伝えするものです。

■アジェンダ
 ●エンタープライズUXの現状の把握と課題
 ●課題発見と、改善事例の紹介
 ●業務向けアプリ、社内アプリの改善手法と説得材料
 ●予算や人的リソースが潤沢では無い時の工夫
 ●単なるUXではなく、エンタープライズUXとは
 ●有益な施策と心構え。戦略的UXとは

講師略歴

UXリサーチャー、CGプログラマー。スマートフォンから情報家電、大規模ドームシアターまで、さまざまな映像システム、ユーザインタフェースを手がける。

○主な書籍
・「モバイルフロンティア よりよいモバイルUXを生み出すためのデザインガイド」監訳
・「Androidプログラミング上達読本」共著
・「Advanced Render Man-映画とアニメーションのための実践テクニック」 翻訳

・「iPhone 3Dプログラミング」監訳

※プログラムは、進行状況により変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。

お問い合わせ

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
事務局 鈴木 E-mail:
TEL:03-3560-8440  FAX:03-3560-8441