一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. 最新情報 >
  3. 政策・ガイドライン等 >
  4. コラム >
  5. 愛と繁栄を実現する経営改革 >
  6. 「愛と繁栄を実現する経営改革」AIに学ぶ”失敗学!”

「愛と繁栄を実現する経営改革」AIに学ぶ”失敗学!”

2019.08.01

CSAJ 監事 戦略経営コンサルタント 公認会計士 山田隆明

 最近AI関係資格を取得した。
一般社団法人 日本ディープラーニング協会のG検定(JDLA Deep Learning for GENERAL)と、一般社団法人 AI,IoT普及推進協会(AIPA)のジュニアコンサルタントを。
AIという”手品”の「からくり」を解明したかったからだ。
AIを少しかじってみて、以下の感想を持った。

 機械は、トライアンドエラー、すなわち失敗しながら少しずつ学んでいく。
誤差と逆の方向に少しずつズラすことで、誤差がだんだん小さくなっていく(勾配降下法)のだ。
これを「学習」という。
学習するには多くの「訓練データ」を必要とする。
つまり機械は、膨大な「失敗」から一つずつ学んでいるのだ。
 機械はまた、不機嫌になることもある。
人間が「前処理」という”お膳立て”をしてあげないと、「勾配消失」や「過学習」という”癇癪”を起こして機嫌よく学習してくれない。

 成功する会社も同様だ。
最初からうまくいく会社なんてない。失敗を積み重ねながら一つずつ学んでいく。
しかも、「セールスマニュアル」を整えたり、きちんと「営業研修」を実施して社員をスキルアップさせるといった”お膳立て”も必要だ。
AIにほんとうによく似ていると思う。

 ただし、人間と機械では大きな違いがある。
人間は忘れるのに対して、機械は忘れない点だ。
人間は、上手くいったことは忘れないが、失敗は忘れる、忘れようとする。
コンサルタントをやっていると、いくら言っても聞いてくれないクライアントがいる。
そういう相手は、むしろ失敗してくれた方が説得しやすい。
経営者が社員を教育するのも同様だろう。社員が失敗した時ほど教育しやすい。

 “経営理念”は、同じ失敗を二度と繰り返さないための戒めだ。
一度”痛い目”に遭ったら、それを包み隠すのでなく、オープンにして、経営理念に盛り込み、社員に繰り返し説くことだ。
それには経営者の姿勢が大切だ。
(1) 社員の責任でなく、自分の責任と捉える”真摯さ”。
(2) 失敗を悪とするのではなく、むしろ積極的にチャレンジしたことを評価する”寛容さ”。
難しいことだが、三菱、三井、住友、松下、本田…といった名だたる成功企業の経営者はこれをやってのけてきた。

 自分が営業時代に教わった言葉「トップセールスとは、最も多く失敗をした者だ。しかしトップセールスは紛れもない勇者だ。」がいつまでも私の脳裏を離れない。

(注)本コラムの内容は筆者個人の見解に基づいており、当協会の見解を示すものではありません。

 

セミナー開催案内

内容 当社コンサルティングメソッド
日時 8月8日(木)、9月27日(金) いずれも14:00-16:00
会場 わくわく経営株式会社 セミナールーム
東京都渋谷区恵比寿南1-20-6 第21荒井ビル4階 
受講料 無料 
詳細・お申込  https://www.wk2.consulting/セミナー/

筆者略歴

山田 隆明(やまだ たかあき)
わくわく経営株式会社 代表取締役
戦略経営コンサルタント 公認会計士

山田 隆明Twitter

1959年  名古屋市生まれ。
株式会社インテックで10年間基幹システムのマーケティングおよび営業。
その後公認会計士を経て、
現在:戦略経営コンサルタント、わくわく経営株式会社 代表取締役。
G検定試験(一般社団法人 日本ディープラーニング協会)合格、AIPA合格。
“社長がワクワクしながら、意気込みをもって、本気で経営に取り組めるよう、社長の右腕になる”

コンサルティング内容:

URL : https://www.wk2.consulting/
E-mail : yamada.takaaki@wk2.consulting

2009年9月から一般社団法人コンピュータソフトウェア協会監事。
2013年から 国際物流総合研究所 主任研究員。