一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. 最新情報 >
  3. 委員会・研究会 >
  4. 農業ICT研究会 >
  5. 第1回 農業ICT研究会&特別講演 「安全な農畜産物生産を支援するICT営農管理システムの開発」と「ITを活用したブドウ産業の高度化に関する戦略策定」について

第1回 農業ICT研究会&特別講演
「安全な農畜産物生産を支援するICT営農管理システムの開発」と
「ITを活用したブドウ産業の高度化に関する戦略策定」について

2019.03.25

 農業ICT研究会主催

 農業ICT研究会では、農業におけるビジネスチャンスの可能性を探り、農業ICTによる地方創生、働き方改革への可能性を調査、研究を行っています。2019年度第1回農業ICT研究会では、2019年度の活動計画のご紹介とあわせて、CSAJが一般財団法人機械システム振興協会より2018年度に受託した事業「ITを活用したブドウ産業高度化に関する戦略策定事業」の報告に加えて、特別講演として東京大学大学院農学生命科学研究科・教授 溝口 勝 氏を講師にお迎えし、福島県飯舘村での農業再生や新しい農業モデルの創生についてご講演いただきます。
 是非、皆様お誘い合わせの上、奮ってご参加ください。

概要

日時

平成31年4月22日(月) 15:00~18:00(受付開始14:30)

会場

CSAJ会議室
〒107-0052 東京都港区赤坂1-3-6 赤坂グレースビル3F(TEL:03-3560-8440)

対象 CSAJ会員・JAISA会員・一般
参加費 無料
定員 40名(1社から複数名参加可能です)
申込締切 平成31年4月19日(金)(但し、定員になり次第、締め切ります)

 

プログラム

15:00~15:30

主査挨拶、農業ICT研究会 2019年度活動計画について

15:30~16:30

安全な農畜産物生産を支援するICT営農管理システムの開発
飯舘村に通い始めて約8年-地域復興と農業再生の挑戦

講師:溝口 勝 氏(東京大学大学院農学生命科学研究科・教授)

【講演概略】避難指示が解除された飯舘村で農業再生にチャレンジしている農家と協働しながら、風評被害を払拭すべく新しい農業モデルの創生をめざしてスマホから農畜産物生育の状況を画像やセンサで確認するICT営農管理システムを開発している。その概要についてご講演いただきます。 

 16:30~16:40  休憩(10分)
 16:40~17:30  「ITを活用したブドウ産業高度化に関する戦略策定事業」について
  戦略策定委員会委員長 挨拶:佐藤 洋平 氏
  事業の実施結果報告    :中道 泰隆 氏(プロジェクトリーダー)

17:30~17:45

質疑応答

※プログラムは、進行状況により変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。

講師略歴

溝口 勝 氏
(東京大学大学院農学生命科学研究科・教授)

 1960年栃木県の水田農家に生まれる。82年東京大学農学部農業工学科卒業後、同大学院、三重大学助手を経て08年より現職。専門は国際情報農学・農業土木学。03年に内閣府総合科学技術会議参事官補佐。3.11以降、福島県飯舘村の農業再生の研究に取り組んでいる。

お問い合わせ

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
事務局 若生、澤口 お問い合わせフォーム
TEL:03-3560-8440

参加お申し込みフォーム