一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. 最新情報 >
  3. 委員会・研究会 >
  4. 人材育成研究会 >
  5. 「プロジェクト管理技法の向上」研修講座

生産性向上支援訓練 第2弾「プロジェクト管理技法の向上」
~プロジェクトアプローチの選定:アジャイルVSウォーターフォール~

2020.09.09

主催:人材育成研究会

CSAJでは、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構(以下、JEED)生産性向上人材育成支援センター(以下「生産性センター」)の実施する、在職労働者の労働生産性向上を目的とした「生産性向上支援訓練」について、事業取組団体として選定を受け、人材育成研究会主催としてCSAJ会員企業の皆様に対しての研修を企画・開催しています。

第2弾となる今回は、昨年大好評だった「プロジェクト管理技法の向上」の2日間研修として、プロジェクトタイプを再考し、的確な業務指示を行うとともに人材を育成する、「型」に固執しないプロジェクト管理とマネジメントの習得を目的とした研修を開講する運びとなりました。通常より大変安い価格にて、研修を受講できますので、奮ってご参加ください。

「プロジェクト管理技法の向上」研修講座

本研修講座では、プロジェクト管理技法を理解することで、仕事の段取り力を高めるとともに、的確な業務指示を行うための手法を習得することが目的です。

研修講座詳細

研修講座  「プロジェクト管理技法の向上」
~プロジェクトアプローチの選定:アジャイルVSウォーターフォール~
研修日時

2020年10月22日(木)   10:00~17:00(内休憩1時間)
2020年10月23日(金) 10:00~17:00(内休憩1時間)

内容(予定)

1.プロジェクトの進め方
1)プロジェクト管理の観点
プロジェクトマネジメントの肝となる独自性とプロジェクトリスクを確実に捉える

2)プロジェクトアプローチの比較
ウォーターフォールとアジャイルの特性を理解する

3)ウォーターフォールとアジャイルのプラクティス
プロジェクトの独自性から型(プラクティス)を検討する

2.プロジェクト管理技法のポイント
1)スクラムプラクティスと契約
スクラム開発のポイントを学習する
アジャイル型プロジェクトの契約について検討する。

2)プロジェクトにおける育成
作業者の特性を測る
指導者としてのマネージャーの役割を理解する

3)プロジェクトの価値
ゴールとニーズをつかむ
PDCAとOODAの適切な活用を図る

4)マイルストンの活用
マイルストンはプロジェクトの制約であることを理解する
マイルストンの適切な設定、運用のポイントを学ぶ

5) プロジェクトの成功に向けた成長
これからのプロジェクトマネージャーに求められるもの
自身の成長に向けたスタートを切る

演習:プロジェクトマネジメントの課題を共有する。リスクを定義する。プロジェクトアプローチ・契約の選択 アプローチの選定ウォーターフォール型とアジャイル型の比較、マイルストンリストの作成 等

応用:学習スタイルの検討Ⅰ・Ⅱ プロジェクトの成功とビジネスの成功

講師

志村 智子氏(株式会社インフォテック・サーブ)

会場

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会 会議室
東京都港区赤坂1-3-6 赤坂グレースビル3F 

会場にお入りいただく際、新型コロナウイルス感染予防のため、以下をお願いすることとなります。予めご了承ください。
・検温(非接触型体温計をご用意しています)
・手指消毒(消毒液をご用意しています)
・マスク着用

受講料

5,500円(税込)/1名

対象 エンジニア、リーダー、マネージャー、IT営業職、管理者など
定員 15名(1社から複数名参加可能です)※最少催行人数:15名
催行人数に満たない場合は実施を見送ることがあります。
申込方法

以下の申込用紙をダウンロードの上、必要事項をご記入いただき、メール(gyoumu1@csaj.jp)またはFAX(03-3560-8441)にて申込書の送付をお願いします。

申込期限 定員に達したため、申し込みを締め切りました。

 

講師紹介

 志村 智子氏 
[株式会社インフォテック・サーブ

2007年よりBA、PMP研修の講師業務をはじめ、大手コンサルティングファーム、SIerのアンダーで商社、重工業、金融等各種企業の基幹システム導入支援、内部統制、情報セキュリティ研修のコンサルティングなどを行ってきた。近年はリクルートコミュニケーションズ株式会社において社内マネジメント研修を開発、講師として登壇するほか、(株)インフォテック・サーブに所属し、iCD(i コンピテンシ・ディクショナリ)を用いた人材育成コンサルタントとして活動中。「受講生が眠るのは、講師の責任」をモットーに研修ではわかりやすく、興味を引く内容とすることを心がけている。米国PMP®2006年取得、IIBA CBAP®2014年取得。

 

お問い合わせ

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
担当:総務課 横井
e-mail:gyoumu1@csaj.jp
TEL:03-3560-8440

お問い合わせフォーム