一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. 最新情報 >
  3. 委員会・研究会 >
  4. 総務委員会 >
  5. 令和3年度「科学技術分野の文部科学大臣表彰」

令和3年度「科学技術分野の文部科学大臣表彰」さくらインターネットが受賞!

2021.04.06

 文部科学省では、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた者を「科学技術分野の文部科学大臣表彰」として顕彰してきており、この度、令和3年度科学技術分野の文部科学大臣表彰受賞者が決定し、CSAJから推薦したさくらインターネット株式会社様(代表取締役社長 田中 邦裕、CSAJ副会長)が「学校への授業支援によるプログラミング教育の普及啓発」の業績により「理解増進部門」で受賞いたしましたので、お知らせいたします。

 この度の受賞を心よりお祝い申し上げます。

科学技術分野の文部科学大臣表彰「理解増進部門」

企業等の名称   さくらインターネット株式会社
代表者 代表取締役社長 田中 邦裕

 =業績=
「学校への授業支援によるプログラミング教育の普及啓発」
2017年当時、教育委員会、学校側、IT業界の双方において、新学習指導要領における「プログラミング教育」への理解に乏しく、特に人的支援が進んでいないことに危機感を覚え、社会に開かれた教育を作っていくための普及啓発活動が必要であると考えた。
 本活動では、出前授業の実施や、情報紙の発行により、教育現場の「プログラミング教育」に対する理解増進を促進し、支援内容のメニュー化や積極的な広報活動により、理解の段階に応じた柔軟な支援体制を近隣地域にまで展開した。また、ITエンジニアや保護者向けの講演等により、学校の取り組みに対する理解増進を図り、CSAJプログラミング教育委員会とも連携して、今後IT業界が一丸となってプログラミング教育の理解増進活動に取り組める環境を整備した。
 本活動により、出前授業後に実施したアンケートにて、9割近くの教員がポジティブな回答をするなど、教員の意識変革をもたらした。また、主な活動の場とした石狩市では、2018年度に出前授業の内容を含むプログラミング教育事例集を公開、また、地域の支援者による新たなコミュニティ活動につながるなど、地域でのプログラミング教育理解増進に寄与している。

表彰式について

 なお、表彰式については、新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、今年度は代表グループのみを対象に実施し、Youtubeで中継する表彰式となります。

■表彰式について
(令和3年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 表彰式)
日時:令和3年4月14日(火)12:10~
7組の代表グループによる対面での表彰式。
同時に、表彰式の様子をオンラインでライブ配信をおこなう予定。
(後日、映像をYouTubeにアップロード)

■文部科学省のプレスリリースはこちらから

https://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/mext_00547.html

 

本件に関するお問い合わせ先

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
事務局:総務課 中野
E-mail:soumu1@csaj.jp  TEL:03-3560-8440