一般社団法人コンピュータソフトウェア協会

  1. Home >
  2. 最新情報 >
  3. ニュースリリース >
  4. 経営者が理解すべきDX のためのクラウド活用について

経営者が理解すべきDX のためのクラウド活用について

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
セキュリティ委員会/Software ISAC

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(略称「CSAJ」、東京都港区赤坂)は、近年メディアでも報道されている、設定不備問題なども含め、デジタルトランスフォーメーション(以下、DX)を進める上で、重要なクラウドサービスについて、経営者が正しい理解と対応に向けた文書(経営者が理解すべきデジタルトランスフォーメーションのためのクラウド活用ガイド)を発表いたしました。

はじめに

 2020 年末に経済産業省から公開された「DX レポート2(※)」では、「デジタルを活用してグローバルで活躍する競争力の高い企業や、カーボンニュートラルをはじめとした世界の持続的発展に貢献する産業が生まれる」ことを、日本が目指すデジタル社会の姿の1つとしています。つまり、どの産業においても「デジタルトランスフォーメーション」や「サステナビリティ(持続可能性)」を意識、採用した企業経営は欠かすことができません。私たちは「組織横断/全体の業務・製造プロセスのデジタル化、“顧客起点の価値創出”のための事業やビジネスモデルの変革」を行うDX を加速させ、事業、業界、広くは日本を発展させる必要があります。
 そのデジタル活用の象徴的な仕組みと言えるのが「クラウド」です。クラウドとは、自社でハードウェアやソフトウェアなどを自分たちで準備せずとも、インターネットを介して環境を利用することができるサービスです。企業はクラウドの活用により初期投資を抑制しながら、より迅速に事業を行うことができるようになりました。

 本書ではクラウドを知っている方でも、知らない方でも理解し、今後のクラウド活用に当たって経営者に
理解してほしい3 つの点に絞って解説します。

※経済産業省「DX レポート2(中間とりまとめ)」
https://www.meti.go.jp/press/2020/12/20201228004/20201228004.html

経営者が理解すべきデジタルトランスフォーメーションのためのクラウド活用ガイド

  1. はじめに
  2. 経営者が理解すべき3 つの理解
    2-1. クラウドとは何か?DX を実現する「場」の理解(=クラウドの構造理解)
    2-2. DX を実現するのはどの組織か?(情報技術活用の現状理解)
    2-3. DX の運用は誰がどのように行うのか?(運用の重要性理解)
  3. DX の流れを止めないために


    本文は以下のリンクよりダウンロードできます。
    経営者が理解すべきデジタルトランスフォーメーションのためのクラウド活用ガイド

 

お問い合わせ先

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
事務局 担当:戸島、中野 E-mail:gyoumu1@csaj.jp TEL:03-3560-8440
〒107-0052 東京都港区赤坂1-3-6 赤坂グレースビル4F URL:https://www.csaj.jp/